So-net無料ブログ作成
検索選択

吹割の滝と松茸御膳 [温泉旅行:新潟]

吹割の滝
10月下旬、毎度お馴染みの新潟県三条市にある、日本秘湯を守る会の温泉宿「嵐渓荘」に、両親を連れて出掛けてきました。一人で山籠もりばかりしていたので、罪滅ぼしに両親の希望をすべて聞き入れました。
テレビの番組か何かで見たのでしょうか、吹割(ふきわれ)の滝が見たいということで、まずは関越道の沼田ICで途中下車して向かいました。小雨混じりの天候でしたが、滝を見学中は、運良く上がっていました

 

吹割の滝2
吹割の滝は「東洋のナイアガラ」と言われる、国の天然記念物に指定された滝です。割れ目に吸い込まれるような姿は、見慣れた滝の形とは随分と違って見えます。降雨が少なかったため、水量が少なく、迫力には欠けましたが、珍しい滝を見られて良かったです。自分でコースを作るなら、新潟に泊まるのに、群馬県内で途中下車はしないでしょう。両親に感謝?(その代わり、その先の運転がしんどくなりましたが・・・^^;)
※画像をクリックすると大きな画像が別窓で開きます



紅葉間近
紅葉も始まっていました。滝の落ち際まで近寄れますが、事故も多いので、白線より前に出ないようにと注意を喚起しています。また冬期(12月中旬~翌年3月下旬)は、川沿いの遊歩道は通行禁止になるようです。

吹割の滝には公共の駐車場は無いので、付近の土産物屋やドライブインを利用します。今回は「伽羅苑」さんの駐車場に停め、帰りに名物?の伽羅蕗を買って帰りました。昼食は沼田ICに戻る途中、R120号沿いにある「奥利根うどん本舗」で、上州手打ちうどんを頂き、お宿へ向かいます



美味しいお食事
宿に着く頃から雨が本降りになり、お庭の紅葉写真は今回パスし、温泉と食事を楽しみました^^
食事の写真は、初めにセットされていたものだけ撮り、あとは食べる事に専念です。右は松茸釜飯、土瓶蒸しも松茸です。このほかに、「鯉洗い清流仕立て」「地鮎塩焼き」「初採り自然薯」「カレイ・舞茸などの揚げ物」「牛肉(国内産)石焼き」「かじき鮪と茸のマリネ」「水菓子」などが出てきますが、今回は・・・↓



焼き松茸
秋の味覚、松茸を、炭焼きで頂きました。炭も嵐渓荘の炭窯で焼いたものです。
秋の香りを存分に味わうことが出来ました。今回は季節限定の、松茸釜飯・松茸土瓶蒸し・焼き松茸がセットになった「松茸御膳」のオプションが、旅の主目的のようなものです(^^)

帰りは三川観光きのこ園で、きのこのお土産を仕入れ、磐越道~東北道で帰京。
昼食は猪苗代ICで降り、「石筵(いしむしろ)」さんで新そばを頂きました。あとで調べると、会津の地粉ではなく、北海道十勝産そば粉でした。両親は有り難がっていたので、内緒にしておきます。まぁ美味しかったから良しとしましょう。なお石筵は冷たいそば専門で、温かいそばはありません。ICから5分ほどなので、途中下車しても時間的には負担にはなりません^^


吹割の滝の写真は、「きまぐれGallery」用に多めに撮ってきたのですが、あちらは立山と涸沢の紅葉写真で渋滞中ですので、滝はこちらに載せて終わりにします^^
※コメントは 、サイドバーにある「★コメント用ページ」で一括して受け付けています。


吹割の滝 map




共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。