So-net無料ブログ作成
検索選択

天狗平 初秋 [山・風景]

草もみじ
天狗平は、室堂から少し富山側に下った場所にあり、高山植物に溢れ、紅葉する木も多い平原です。早くもイワイチョウが色付き、黄色い絨毯のようでした

 
 
国見岳
チングルマの花穂と草もみじが、まるで盛期の花畑のような景色を作り上げていました。
後ろの山は国見岳



雲間から剱岳
天狗平からは剱岳がよく見えるので、今回のお楽しみの一つだったのですが、あいにくガスが出てしまいました。偶然切れた雲間から、ほんの少しだけ剱岳が顔を覗かせてくれました



立山高原ホテル
天狗平には、天狗平山荘のほか、写真の立山高原ホテルがあります。ここにしばらく泊まっているという、自分の母親より年上の一人のご婦人と、ベンチでしばらく話をしました。

昔は剱岳や立山三山縦走など、随分登っていたそうです。しかし今は足腰が言うことを聞かず、今年が最後になるかも知れないと思いつつ、毎年こうして静かに山を眺めに来るのだそうです。ここなら剱もよく見えるし、室堂のような喧噪もないし、のんびりできるそうです。私が立ち上がってからも、静かに山と向かい合っていました。昔歩いた頃のことを思っているのでしょうか、一緒に歩いた人のことを思っているのでしょうか、少しおセンチ入っちゃいました・・・



霞む立山
振り返ると霞が掛かった立山連峰。間もなくこの景色の中に、紅い色が追加されるのですね。次は何時来られるのでしょう



チングルマ
チングルマは至る所で見られます。剱が見えていたら、前景にチングルマや草もみじ、背景に剱岳の画を思い描いていたのですが、叶いませんでした



天狗平山荘
終着点は天狗平山荘、目の前が天狗平バス停。美女平行きのバスに乗るには、発車時刻の10分前までに予約が必要。天狗平山荘で受け付けて、無線で室堂に連絡してくれ席を空けてくれます。ガスが切れるかも知れないと、1便遅らせてみましたが、ますますガスガスになってしまいました。



これにて立山初秋編を終了します。お付き合いありがとうございました。
初日はせっかく早くに到着したのに、室堂から歩き出してすぐに雨・・・。携帯で山の天気予報を見ると、間もなく晴れそうなので、みくりが池温泉で雨宿りさせてもらいました。なお室堂エリアの携帯は、今シーズンからFomaとソフトバンク3Gに切り替わり、movaと2Gは繋がらなくなったのでご注意を・・・。

剱に向かうヘルメットをぶら下げた人たちは、皆ここの軒先で雨装備をして、足早に出発して行きます。こちらは雷鳥沢までで、急ぐ旅でもないので、閻魔様の黒玉子が茹で上がるのを待ち熱々を頂きました。貴重な動物タンパクなので翌日も食べようと3個買いましたが「今日中に食べてください」と釘を刺され、結局全部食べちゃいました(笑)

その後は一気に晴れ間が広がり、連日、雲が無くて困ってしまうほどの秋晴れになってくれました。
最後にガスってしまいましたが、前回のお天気による鬱憤は十分晴れました(^^)
紅葉時期は、きっと大混雑するのでしょうね。涸沢と雷鳥沢のテン場、どちらが混むのでしょう・・・。


山や風景写真は、「きまぐれGallery」に順次アップしています。
※コメントは 、サイドバーにある「★コメント用ページ」で一括して受け付けています。


天狗平山荘 map



タグ:テント泊

共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。