So-net無料ブログ作成
検索選択

再び立山へ [山・風景]

雷鳥沢テン場
温泉・生ビール付きの快適なテント生活と、素晴らしい景観がが忘れられず、また雷鳥沢でテン泊してきました。前回は天候に恵まれず、朝夕夜の撮影もできずに心残りでした。今回は山天気の予報で、晴れマークが続くのを確認して休みを取り、前回視界不良でパスした山登りもしてきました(^^)

 
実は前週に尾瀬テント2泊の予定で、パッキングも済ませてあったのですが、予報が悪くキャンセル。また9月中旬の祝日周りも休めないので、この週しか出掛ける機会がありませんでした。紅葉には早く、花も終わっているという中途半端な時期でしたが、その分ガラガラに空いていました。テントは浄土沢の土手状の離れの場所に張りました



30IMG_4096.jpg32IMG_4085.jpg
32IMG_4088.jpg

左:雷鳥平から一の越へ続く「神の道」。白く見える部分は氷&霜柱。夜は寒くて眠付けませんでした。シュラフは、さるぼぼさんと同じグリーン(ULSSDH#3)を使っているのですが、#0か1が必要?
右上:一の越・雄山方面と、大走り・真砂岳方面の分岐。正面は浄土山。右へ進み、一ノ越から立山主峰を縦走し、左の大走りから帰って来ました。
雄山山頂の最低気温の予想は、4日間とも氷点下。テントにも霜が降りました



立山雄山山頂
なんちゃって登山で一度来たことがありますが、その時は疲れ切って、お祓いも受けずに下りてきてしまいました。今回は御神酒も頂き、しっかり雄山山頂(3003m)に立ってきました。さらに立山最高峰の大汝山(3015m)、富士ノ折立(2999m)と歩き、真砂岳を目前にした大走りから下山しました。サブザックでの軽装でしたので楽々でした。山頂に立つオレンジ色の服の人は神主さんです



立山山頂より
雄山から室堂平、雷鳥平を見下ろします。まるで箱庭のように見え、当然マイハウスもしっかり確認できます。後方の山は奥大日岳と中大日岳。反対側に目を向けると、後ろ立山の壁が迫り、富士山・槍穂高まで見渡せる大展望が広がります。剱も立山側から見ると、さらに険しさが分かります



草紅葉とチングルマ花穂
奥大日へ向かう途中の木道より。紅い色彩にはあと2週間ぐらい掛かるのでしょうが、黄色は多くなっていました。薄桃色の花のように見えるものは、チングルマの花穂。雲一つ無いのも考え物ですね。視界不良の前回から見れば、とても贅沢な悩みですが・・・^^



夜間は星空撮影 軽く20kgオーバー
3泊しましたが、毎晩満天の星空を堪能しました。三脚の足をテント内に入れ、シュラフにくるまったまま撮影しています。立山(南東)に向かってテントを張ったので、北側の空を撮るにはテントから出なくてはならず、防寒態勢で臨みました。右は今回の装備。すべてを担いで歩く区間が短いので、フリーズドライのみでなく、レトルト食品、燻製つまみ類を追加したため、軽く20kgを超えてしましました。しかし乗り換えが1回だけだったので楽々でした(下に詳しく記載)



夕景
雲一つ無い日が続いたので、凄い夕焼けはありませんでした。うっすらと山肌が色付く程度。ちょうど月が昇ってきました。日の出は、高い山壁に遮られ見られません。テントに日が差すのは、日の出時間から随分経ってからです。朝日を撮るなら、一ノ越、内蔵助、剱御前の各小屋泊しかなさそうですね。または懐電歩行で、朝日が見える場所まで移動するか・・・(^^;



鍛冶屋地獄と剱
地獄谷・鍛冶屋地獄のシンボル、背景には剱岳。帰りは通常、ここからみくりが池への地獄(天国へ?)の階段が待ち受けているのですが、今回は室堂の喧噪を避け、天狗平まで歩きました。雷鳥沢のテン場の標高は2275m、天狗平は2280m。ほとんどハイキング気分の水平歩きです。今回の心残りは、ここから天狗平までガスが掛かってしまったことです。天狗平からの剱岳が撮りたかったなぁ^^



今回は富山側から入山しました。以前一度上がったことがありますが、美女平で一回乗り換えれば済むのと、室堂到着時間が扇沢からよりも早いです。軽装なら何と言うこともないですし、見所は扇沢からの方が多いです。しかし重装備で何度も乗り換えるのが大変だったので、その苦労と引き替えに+2時間の運転時間を選びました。美女平からは高原バス(10kg以上の荷物300円)で、荷物はバスのトランクで運んでくれ、室堂で引き取るので、さらに楽でした。帰り道には温泉施設(よしみね温泉)もあるし、次はどちらを選ぶかと言われたら、少し遠いですが、また富山(立山IC)まで走ってしまうかも知れません(^^;

ちなみに外環三郷南IC~立山ICの高速距離は約420km、高速代は片道8750円(深夜割引5250円)、家から立山駅まで5時間半ぐらいでした。美ヶ原へ行く最寄りの東部湯の丸ICまで約200kmなので、約倍の見当。扇沢なら市川IC~豊科ICで、高速距離約248km、ICを降りてからの距離は、立山ICの方が近いです。

帰りに天狗平からバスに乗る場合、バス停に着いたら、バス停前の天狗平山荘で乗るバスの予約をします。予約なしでは乗れません。バスの時刻の10分くらい前までに予約を入れればOKです。無線で連絡を入れてくれ、室堂でバス待ちの行列が出来ていても、乗る人数分の席を空けたバスがやって来ます。地獄谷~天狗平までの道のりも、剱岳、立山も見渡せ、花の時期、紅葉時期も美しい場所なので、かなり使える乗り方です。室堂でお土産を買えないのが難点ですが・・・。今回は来年のカレンダーを仕入れる予定でしたが、美女平や立山駅では手に入りませんでした。また買いに行かないと・・・(^^;


立山雄山 map




天狗平山荘 map




やっと荷を解き、干し物、洗い物を済ませました。画像はまだよく見ていません。取りあえずダイジェスト用に選んで貼り付けました。また「きまぐれGallery」で順次公開していく予定です(^^)
※コメントは 、サイドバーにある「★コメント用ページ」で一括して受け付けています。


タグ:テント泊

共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。