So-net無料ブログ作成

蝶ヶ岳 稜線散歩 [山・風景]

横尾分岐
急坂を登り終え、横尾分岐で休憩中の登山者。向かい側には槍穂高が迫ります。蝶ヶ岳の稜線歩きは、常にこの絶景がお供です。前回は文字が多かったので、今回はキャプションのみです(^^;

 
 
穂高岳 槍ヶ岳
左:蝶ヶ岳山頂表示板、バックは穂高岳
右:テン場に立つ方向表示板、バックは槍ヶ岳



蝶ヶ岳ヒュッテ
蝶ヶ岳ヒュッテの屋根は最高の展望台。お客様を送り出した後の、従業員のお楽しみですね^^
電気は屋根のソーラーパネルと風力発電、水は天水(雨水)、屋内トイレはバイオと自然に優しい小屋です。奥に見える小高い所が「瞑想の丘」。展望指示盤と避雷針があり、その少し先で早朝の撮影をしました。この画像はテン場の避雷針から撮影



荷揚げ 一面の花畑
左:早朝の荷揚げ。元画像で確認すると、出発時間と重なったようで12人がヘリを撮影しています
右:蝶ヶ岳の名前の由来、蝶の形の雪型ができる場所は、雪が無くなると一面の花畑になります。魚眼レンズで、花の密度が濃い所に接近して撮れば面白かったですね。ストックを回収しに行く途中で焦っており、考えている余裕がありませんでした(^^;

梓川 長塀尾根と飛行機雲
左:明神付近の梓川を見下ろします
右:長塀尾根の上に飛行機雲。この尾根沿いの登山道を下りると徳沢に出ます



蝶ヶ岳稜線
蝶ヶ岳はご覧の通りなだらかな二重稜線を持ちます。この稜線をたどると、右端に写る常念岳へ至ります。こうして見ると、とても近く見えますね。撮影地点からのコースタイムは約4時間半です。中央右上付近に見えるチョコッと尖った所が蝶槍、その手前のピークが三等三角点のある旧山頂



三等三角点 蝶槍頂上
左:旧山頂だった三等三角点、標高2664m、赤ペンキで「頂上」の文字
右:蝶槍の頂上、黄ペンキで「TOP」の文字。蝶槍頂上と槍ヶ岳を重ねて撮りたかったのですが、ちょうど3000mラインから上が雲に隠れてしまいました



蝶槍と常念
槍ヶ岳が不発だったので、蝶槍と常念岳を重ねてみました。
きまぐれGalleryのネタにすれば良かったかな・・・^^



イワツメグサ ベニヒカゲ
左:イワツメグサと、花の写真しか撮っていないご婦人に教えてもらいました
右:たくさん居たベニヒカゲ。エクステンダー1.4倍を付けた鮮明アップ画像もありますが、獣糞で吸汁しているところなので出せません(^^; 白い縁取り(クモマ)の方も居ましたが、撮り損ねました、残念!

モンキチョウ チシマギキョウ
左:なぜかミヤマモンキチョウには出会えず。全部普通のモンキチョウでした。見逃したかな?
右:ハイマツ際のチシマギキョウ



蝶ヶ岳からの槍穂展望
きまぐれGalleryのバナー画像に山名を入れてみました。3000m峰8座が目の前、素晴らしい景色です。季節と登山口を変えて、また来ることになると思います(^^)



これにて、蝶ヶ岳関連の記事は終了です。長々お付き合い、ありがとうございました。「きまぐれGallery」では1日おきのペースで、蝶ヶ岳で撮った画像をアップしています。朝夕の雲や焼け方が日によって違い、ネタが多かったので、あちらはまだまだ続く予定です(^^;

本当は穂高連峰に三日月が入るシーンを撮りたく、月の入りの時間などを調べてあったのですが、ちょうどガスってしまいました。常念と北極星&北斗七星も狙っていたのですが、周囲のテントの灯りが遅くまで消えず、またヘッデンで暗闇を歩いて転けるのも嫌なので止めました。レリーズケーブルも見つからなかったので、ちょうど良かったです(^^; それにしても北斗七星がでかかった! いや大きいはずなどありませんが、星が近く迫ってくるようでした。しばらくボーッと眺めてしまいました。結局暗闇になったのは何時? それともならなかった? でも朝以外は騒がしくありませんでした。そぅ夏休みでしたね^^

(追記)
稜線散歩を終えるとちょうど昼時、テントでラーメンでも作ろうと思いましたが、蝶ヶ岳ヒュッテに寄ってしまったのが間違い?でした(^^;)。カレーうどんを食べている人、ちょうどカレーライスを注文したご夫婦。うーん、たまらん。思わずカレーを頼みそうになりましたが、メニューを見ると「おでん」の文字が・・・。すかさず注文、「定食でなくて良いですか?」(おでん定食というのもある)と聞かれましたが、お米の代わりには、やっぱり麦酒でしょう(^o^)
軽食メニュー:カレーうどん、きつねうどん、山菜うどん、おでん定食、ラーメン、カレーライス¥800、おでん¥600、ビール500ml缶¥800、350ml缶¥500、ほかコーヒー、ココア、紅茶など¥400。
なお蝶ヶ岳ヒュッテに食事付きで泊まると、夕食にはうなぎ(可愛い)が出てくることで有名です^^


※コメントは 、サイドバーにある「★コメント用ページ」で一括して受け付けています。

タグ:テント泊

共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。