So-net無料ブログ作成
検索選択

岳都大町 [山・風景]

鷹狩山より
アルペンルートの混雑を避け、早めの時間に扇沢に下りてきました。しかし下界は暑い!
時間が余るので、久しぶりに鷹狩山に登ってきました。しかし激しい雷雨に遭い、当然視界も悪く、夕焼け&アルプスバックの大町夜景写真は撮れませんでした

当初の予定では、アルペンルート往復乗車券の有効期限(5日間)いっぱいまで上に居て、翌土曜日に下りて来るつもりでした。しかし天候も悪く、土曜日の乗り換えの大混雑も予想出来たので、一日予定を繰り上げました。毎日温泉に入っていたので、垢を落とすというより、疲れを取るという目的で、まずは温泉です^^






扇沢から下りて来ると、大町温泉郷があります。今回はその中から「河昌」で日帰り入浴しました。
さすが平日、ほかにお客さんはおらず貸し切り状態でした。美しい庭を眺めながらの露天風呂もあり、良いお風呂でした。立ち寄り入浴料700円

大町山岳博物館 降り注ぐ陽光
鷹狩山には何度も来ており、大町山岳博物館の前はその都度通っています。しかし一度も入館したことがありませんでした。登山に興味がなかったというのもあります。この機会に見学してきました。登山の歴史、登山用具の変遷など、見るべきものが多かったです。写真撮影禁止のものが多く、登山関係ブースの写真はありません。右は激しい雷雨の鷹狩山から山岳博物館まで下りてきたところで、光のシャワーが大町に降り注ぐシーンを撮りました



ニホンザル 雷鳥親子
子ギツネ カモシカ親子
山岳博物館は、アルプスの生い立ちや自然についての展示も豊富です。剥製ですが、雷鳥、カモシカも居ます。もちろん、昆虫・植物、鉱物も豊富に展示があります。売店で「劒岳 点の記」(あらすじは知っていたが、これを機会に購入)、「北アルプスの自然と人」(山岳博物館の大まかな展示内容)、「岳 第7巻」(買いそびれていた)、「北アルプス 絶景の山」(撮影場所ガイド)などを購入しました



自然園
こちらは本当のカモシカの親子、隣の付属園に居ました。付属園には保護されたカモシカがたくさん居ますが、撮りにくい遠い場所に居ることが多いです。この写真も40mmで撮ったので、思い切りトリミングしてあります。動物園レンズは、パッキングして奥の方で、出すのが大変だったので・・・^^;






鷹狩山からは、大町の向こうに北アルプスが屏風のように立ちはだかり、素晴らしい光景が展開されます。残念ながら、今回は雷雨となってしまいました。山頂には展望台があり、雨のやみ間を見つけて屋上に出てみました。しかしゴロゴロ鳴っている中、ふと見上げると、手の届きそうな所に避雷針があります。周りで一番高く、落ちる確率は高い場所です。すぐに下りて車に逃げ込みました(^^;)。

展望台のすぐそばには、展望レストラン「たかがり」があります。ここでざる蕎麦とかき揚げを頂きました。昔来ていた頃に比べ、随分と綺麗になっていてビックリです。建て替えたのかと思ったら、増築と半分はリニューアルだそうです。そう言えば、昔よく来ていた頃にあったポスターなどが今でも残り、懐かしかったです。

「岳都(がくと)」は元祖の大町のほか松本も名乗っています。大町の方が、こぢんまりして似合っているかなぁ。こんなに良いロケーションの場所に住んでいたら、かなり人生が変わると思います^^

あずみ野 河昌 map




大町山岳博物館 map




※これにて、立山テント泊関連の記事は終了です。コメントは 、サイドバーにある「★コメント用ページ」で一括して受け付けています。

タグ:テント泊

共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。