So-net無料ブログ作成

立山黒部アルペンルート [山・風景]

黒部湖
順序が逆になってしまいましたが、往きに立山黒部アルペンルートで撮った写真+αを紹介します。
扇沢からトロリーバスに乗り、トンネルを抜けると黒部ダムです。ゆっくり撮影している時間がないので、歩きながらの撮影。写真は黒部湖と黒部源流の山並み

 
 



この画像だけ帰りに撮ったものです。手すりから乗り出して撮りましたが、ダムを綺麗に撮るなら、やはり展望台からですね^^

今回は扇沢7:30発の始発トロリーバスに乗りました。乗車券発売は6:50からで、往復運賃8800円(5日間有効)です。季節や曜日によっては、さらに早い便があります。以下、
黒部湖8:30発、ケーブルカー
黒部平8:50発、ロープウェイ
大観峰9:15発、トロリーバスに乗り
室堂9:25着でした。

室堂が終着点で軽装なら、イベントがたくさんあって楽しいコースです。しかし20kgの大荷物があると、乗り換えは結構こたえます。富山側(立山駅)から入る方が乗り換えが1回で済み、日時や混雑具合で室堂直行バスもあります。また早い時間(同日なら7:50室堂着)に到着できるので、次回は向こう側に回ることも真剣に考えています

黒部平
黒部ダムの堰堤を10分ほど歩き、黒部湖駅から地下ケーブルカーに乗ると、黒部平駅に到着します。これからロープウェイで登る大観峰を見上げます。黒部平は景色も良く見所が多いので、時間をかけて散策するのも面白そうです



黒部平から後立山連峰
黒部平から鹿島槍ヶ岳と五竜岳を望みます。こちら向きで撮影している人は居ませんでした
山並みのグラデーションがきれいです



大観峰から黒部ダム
動く展望台と言われるロープウェイからは素晴らしい景色が見えます。しかし足下に大荷物を置き、大混雑の中では、窓から外を見ている余裕はありませんでした。平日の始発を乗り継いできたのに、早くもロープウェイに乗れない人が出て、次の便に回されていました。大観峰から数枚だけ黒部湖を撮り、バスに並びます。時間があれば、ロープウェイが昇って来るのを待つと、格好良い写真になりますね^^



みくりが池
室堂に到着し、みくりが池の表示に従って進むと、この景色が飛び込んできます。正面に剱御前、別山。雲がなければ剱岳も望めます。雲の切れ目から剱岳の稜線の一部がチラッと写っています



みくりが池2
みくりが池の定番撮影ポイント、立山連峰を池に写します・・・って、雲と風が無ければの話ですが(^^;
しかし、太陽が降り注いでいると色がきちんと出ますね。霧や雨はやっぱり苦手です



イーサー70Lデイライト13Lハイドレーション対応
左:オスプレー・イーサー70L 中:サブザック・デイライト13L 右:サブザックもハイドレーション対応

扇沢からは10kg以上の荷物がある場合、荷物料金が計610円かかります。重そうなザックの人は計られます。私は自己申告しましたが、ついでに計らせてもらうと、往きが21.5kg、帰りが19.5kgありました。食料、行動食、ガスの量が消費された計算です。写真左は少し小さくなった帰りのザック、レッサーパンダがぶら下がっています。普通ヤマ屋さんはオコジョですよね(^^;

黄色い部分はオプションのサブザック「デイライト」13Lで、本体に簡単に接続できます。中に何も入れなければペッタンコの板状になります。往きは大町のコンビニで買った、ハムやウインナー、おにぎり、パンを入れ、帰りはフリーザーパックで圧縮したゴミを入れたので、ちょっとふくらんでいます。失敗したのは缶ビール。雷鳥沢ヒュッテでも、ロッジ立山連峰でも生ビールが飲めますが、テントでも飲みたいと、温泉に浸かるたびに買ってきました。空き缶は当然お持ち帰りで、お荷物が増えてしまいました。次回からはゴミの出ない生ビール専門にします(^^)

このサブザックは優れもので、重さは450gしかないのに、エアスケープバックパネルで、右写真のようにハイドレーションにも対応しています。ウエストベルト、ホイッスル付きのチェストベルトもあります。以前はモンベルのポケッタブル・デイパックを使っていましたが、レンズがゴツゴツ背中に当たってフィット感がなく、ポケット類もなく、三脚も付けられず使いにくいものでした。定着型で小移動が多いスタイルで、サブザックを使う機会が多いので、重さは倍以上になりましたが、レンズ1本の重さより軽くてこの機能は納得です


※コメントは 、サイドバーにある「★コメント用ページ」で一括して受け付けています。

タグ:テント泊

共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。